にきびの原因は肌の乾燥にあり?


乾燥肌でにきびが多い方はにきび跡センターへ相談しよう!

普段から自分は乾燥肌では無いと思っていても、年中肌は乾燥にさらされている事をご存知でしょうか?
何も空気が乾燥する冬だけに肌が乾燥する訳ではないのです。

春夏秋冬全ての季節に乾燥と言うものはつきもので、それによってにきびが出来やすくなると言う方もいるのです。
そう言う方はにきび跡センターを受診して相談する事がおすすめです。

全てのにきびの原因が乾燥にあるとは言い切れませんが、乾燥肌の方がにきびが出来やすい原因にはいくつか種類があるのです。

水分と脂質と保湿因子について

皮膚と言うものは水分と脂質と保湿因子のバランスが整って初めて正常な状態であると言えます。
この中で水分量が減ったり、保湿因子が減った場合には乾燥肌へと変化していく事があります。

水分や保湿因子を補おうと言う働きから皮脂の分泌が活発となりにきびの原因となる事もあるのです。
こうした状態になると負のスパイラル状態となり、いくらにきびを治そうとして洗顔をしても治りにくい状態が続きます。

皮膚のターンオーバーにも影響する

肌の水分量、つまり潤いを左右するのは角質層です。
この角質層は通常二十八日程度で入れ替わるのがターンオーバーと言うものですが、そのサイクルが乱れると結果的に古い角質が重なって溜まるようになるのです。

古い角質が溜まっていくと毛穴もふさがれるようになるので、にきびが出来やすくなってしまうのです。
これらを改善する為にはピーリングを行ったり、日常生活についても改善をする必要があります。

毛穴の大きさが関係していることもある?

毛穴の大きな人がにきびが出来やすいと思われがちですが、毛穴が元々小さい方にはににきびのリスクが高くなる傾向があるのです。
毛穴が小さいと言う事は、それだけ皮脂が詰まりやすいと言う事でもあるからです。

こうしたいくつかの原因を考えると、全ての肌トラブルの原因とも言われている肌の乾燥から肌を守る事の重要性が理解できるかと思います。

にきび跡センターの口コミ・評判が気になる方はこちら