サイトンレーザーの特徴とデメリットの関係


巷で噂のサイトンレーザーの特徴って?

サイトンレーザーは最近一部で話題になっているニキビ跡治療に効果的な治療法です。
何と言っても一台三役をこなせると言う所が大きな特徴なのですが、その三役について詳しく見ていきたいと思います。

・エルビウムヤグレーザー
エルビウムヤグレーザーには特殊なスキャナーが搭載されている事が特徴的で、それらを駆使して皮膚を均一に削り取る事が出来ると言うのが最大の強みです。

ニキビ跡でも凸凹のある場合等に適していて、古い角質を正確かつ綺麗に除去する事が出来るのです。
また、ピンポイントでの治療も可能なので、部分的なニキビ跡治療にも適しています。

・サーマスキャン
サーマスキャンは、レーザー治療の一種で、肌へのダメージを抑えながら肌の深部に熱エネルギーを与える事が出来、コラーゲンの生成を促す事が最大の強みです。

凸凹になった肌の凹んだ部分を回復させると共に、リフトアップやしわやたるみの改善にも効果があるものです。

・ブロードバンドライト
ブロードバンドライトは、光治療の一種で、パワフルな二つのフラッシュランプを使用して、様々な色素沈着に対して効果を発揮します。

色素沈着としてのニキビ跡治療にももちろん効果的で、赤みや黒、茶色の色素沈着にも良い効果があります。
同時にしみやそばかすにも効果があるので、治療と同時に美白効果も期待できるものです。

サイトンレーザーのデメリットはあるのでしょうか?

一台でこれだけの効果を発揮する事が出来るサイトンレーザーにも、実はデメリットがあります。
一回の治療でニキビ跡治療に大変効果がある反面で、肌を削り取ると言う施術を行うので、ダウンタイムやその他の症状が発生する事があります。

凹凸のあるニキビ跡治療をした場合には施術部位がかさぶたになったり赤み、時と場合によっては出血を伴う事があります。
これは治療する為にはどうしても避けて通れないものでもあるので、事前にこのデメリットがどの程度なのかの説明をしっかりと聞いておく必要があります。

サイトンレーザーについてもっと詳しい情報を知りたい方はこちら