ニキビとニキビ跡の両方を一度に治療する事って出来るの?


ニキビとニキビ跡が混在しているようなひどい状態でも治療は出来ますか?

いつの頃からかニキビが出来ては悪化してニキビ跡が出来、治ったかなと思ったらまたニキビが出来て悪化してニキビ跡が出来る、と言うサイクルを繰り返している方は、ニキビとニキビ跡が混在しているような状態になってしまいます。

そう言った場合には、その状態を総合的に難治性ニキビ等といいますが、その状態でも治療する事は出来るのでしょうか。

難治性ニキビでも治療は可能です

横浜すずきクリニックでは難治性ニキビについても治療をする事が出来ます。
難治性ニキビは治療期間が長くかかったり、すぐに改善しないと言うイメージが固定していますが、根気よく治療を行っていけば少しずつでも改善がみられるものなのです。

例えば、化膿しているニキビと過去の赤みのあるニキビ跡がある状態で治療をするとします。
その場合は、ケミカルピーリングを行いながら、フラクショナルレーザー治療も組み合わせて行うと言う方法で治療する事が出来ます。

ケミカルピーリングを行う事で肌の衛生状態を保ちつつ、数種類のフラクショナルレーザー治療を施す事で、炎症系のニキビとニキビ跡に対してアプローチを行うのです。
言葉では分かりにくいかもしれませんが、治療方法をいくつか組み合わせると言う事になります。

難治性ニキビ治療は長期間かかるの?

どうしても、難治性ニキビの場合は、原因の診断が難しい他、ニキビの発生と化膿、ニキビ跡の生成を繰り返す傾向があるので、治療期間としては通常よりも少しは長くかかると思っていて良いでしょう。

一度にニキビ治療とニキビ跡の治療を行うと考えれば、それなりの期間はかかるのではないでしょうか。

しかし最近ではフラクショナルレーザー治療の発達によって、今あるニキビとニキビ跡の治療を一度に行う事が出来る様にもなってきているので、通常の倍の期間がかかるようなそんな長期間の治療と言う訳では無いと思われます。

横浜すずきクリニックの口コミ・評判が気になる方はこちら