ニキビ治療と保険


ニキビ治療を皮膚科で受ける

ニキビ治療は、皮膚科で受けることができます。
一般皮膚科の治療の場合、症状を抑えて改善させることが目的です。
従って、治療費は保険適用となるので多くても3割負担となります。

しかし保険適用の治療の場合、受けられる治療の種類や使える医療機器、薬剤に限りがあるのです。
治療費自体は安いけれども治療に制限が設けられていて、国が認めた治療しか受けられないので、目に見えて効果が上がるという治療ではなく、じっくりと腰を据えて治療していくというスタイルです。

施術にしても塗布薬、内服薬にしても、きちんと国の承認が得られているものなので、副作用などの心配はありません。
安い、安心、しかし時間がかかり、治療内容に限界があるのが、保険適用の治療です。

ニキビ治療を美容皮膚科で受ける

美容皮膚科とは、肌トラブルの解消から肌質の改善まで、「美」に重点を置いた治療が受けられる皮膚科です。
一般的には保険適用外の治療(中には、自身で治療内容を選択できるクリニックも有り。)を提供しているところが多いです。

保険が適用されない、いわゆる自由診療は、治療費を全額自己負担しなければなりません。
つまり、保険適用の治療に比べてかなり高額の治療費となるのです。
しかし、治療の制限などは一切なく、効果が高く即効性のある最新機器などによる治療も受けられます。

また治療に枠が設けられている保険適用の場合とは異なり、自身の症状に最適な治療法を選ぶことも可能なのです。
出ていくお金が多い分、幅広い選択肢の中から納得のいく治療法を選ぶことができ、その高い効果を実感できるのが自由診療です。

ニキビ治療と保険

結局のところ、保険適用の治療と自由診療は、どちらも一長一短です。
初期段階のニキビや誰もが経験する思春期のニキビなど、症状が比較的軽いニキビの場合は、保険適用の治療でも治すことが可能でしょう。

また、時間をかけて漢方なども取り入れてじっくり治したいと考える人にも、保険適用の治療はお勧めです。

しかし、再発を繰り返すニキビや重症化したニキビの治療、肌環境そのものを変えたいと願う場合は、最先端技術の力も借りながら治療を進めていくのがいいかもしれません。

保険適用の治療と自由診療、どちらがより良いというものではありません。
その症状、ケースに合わせて、選択する必要があるのです。

ニキビ治療に保険が適用されるかについてのよく読まれている記事