ニキビ跡の基本的な治し方


ニキビ跡による問題を治療する基本

ニキビ跡とはアクネ菌が原因で起きる炎症による症状が原因で引き起こされるダメージが影響して穴が出来てしまう症状であり、専門用語でクレーター・アクネスカーと呼ばれます。

ニキビ跡による問題を治療する時はフラクショナル炭酸ガスレーザーと呼ばれる方法を用いるのが基本的な流れとなっており、こちらの処置を受ける為に通う方々は年々増え続けている傾向にあるのです。

この治療法はニキビ跡が見られる箇所に光線を照射させて皮膚を再生する働きを促進させて陥没した部分を塞ぐ方法となっており、問題を引き起こしている部分に直接影響を与えるので治癒効果は極めて高いです。

近年ではピーリング治療と呼ばれる酸性の薬剤を用いて角質層を溶かして新しい皮膚を形成する治療法も編み出されているのですが、こちらは古い角質層を除去させた上で雑菌を死滅させられる為、衛生的な状態を保てるといった利点があります。

ターンオーバー正常化による治療

ニキビ跡を治療したいがレーザー治療などを受ける余裕がない時はターンオーバーを正常化させて問題を解決する方法を実践するのが良いです。

保湿ケアを行うのと同時に角質層を乾燥させる原因となる男性ホルモンの過剰分泌を抑えてバリア機能を回復させることでターンオーバーを正常化させられるので、その過程で新しい皮膚が作りだされます。

また各種ビタミンを補給する・睡眠をきちんと取る・徹底したケアを行うといった点を常に意識した上で治療を続けることになりますから、ターンオーバーを正常化させるのは健康状態を維持するのに繋がるのです。

クリニックではターンオーバー正常化による方法を用いる際に何に注意しなくてはいけないのかを全て伝えますし、同時にビタミン剤の処方も行う為必要な栄養素を補給し続けられる状態を整えておき、本格的に治療を始められる為負担を軽減させた上で今後に備えられるのが特徴となっているのです。

ニキビ跡の治療をお考えならおすすめのランキングサイト(横浜版)