思春期のニキビは跡が残りやすい炎症ニキビが多い


思春期のニキビはマグノリア皮膚科クリニックで早く治そう

思春期になると誰もが最低でも何度かはニキビが出来てしまった、と言う経験をします。
それは思春期になると成長と共に性ホルモンの分泌が盛んになるからで、皮脂の分泌を増やしてニキビが出来やすくするのは男性ホルモンの影響だと言われています。

皮脂の分泌が盛んになると毛穴が皮脂で満たされてしまいそこにニキビ菌が繁殖すると言うサイクルが生まれます。
そのニキビ菌が悪さをして炎症を起こす事により思春期に多い赤ニキビが出来やすくなるのです。

この赤ニキビは炎症を起こしている時間が長ければ長い程跡が残りやすくなります。
真皮層や肌の深部まで影響が出ないうちに早期に治療をする事が重要です。
それは今後の成人してからの人生も左右する事になりますので、出来る限り早めの対処が望ましいのです。

思春期のニキビの治療法って?

思春期だからと言ってニキビ治療が出来ないと言う事はありません。
主な治療法としては抗生剤内服、ケミカルピーリング、男性ホルモンコントロール、ビタミンA、トレチノイン等を使用したものが主流となります。

思春期のニキビの中でも特に跡が残る可能性が高いフェイスラインのニキビに対してはフラクショナルレーザーを行う事もあります。

思春期のニキビだからと言って、ニキビ治療に何らかの躊躇等はありません。
ニキビの状態により、適切な対処をするのがマグノリア皮膚科クリニックです。
出来る限り跡が残らない、早期治療を目指す、と言うのがモットーだからです。

それぞれの治療を行うとどう改善出来るの?

先ず、思春期のニキビと言うのはライフスタイルにもよりますが炎症を起こしやすいと言う特徴があります。
早く炎症を抑える為にケミカルピーリングを行う事が多くなっています。

このケミカルピーリングも、強さを調整する事が出来、炎症を早く抑えたい場合には、PHの調整を行いながら強めのピーリングを行う事もあります。

マグノリア皮膚科クリニックの口コミ・評判が気になる方はこちら