背中ニキビのかゆみの対処法


背中ニキビ周辺のかゆみの原因となる病気

背中ニキビが出来てしまうとその周辺に強いかゆみが生じることがありますが、これはマラセチア菌と呼ばれるカビが原因の可能性があるのです。

このカビが繁殖すると皮膚を刺激してしまい強いかゆみと炎症による症状が引き起こされることになりますが、こちらの菌は元々誰でも保有しているもので毛穴にある皮脂を餌に繁殖し続けるのが特徴です。

マラセチア菌は湿気のある環境を好むので主に夏場になると繁殖しやすくなりますから、予防する為には皮脂が過剰分泌しない為にも脂肪分の多い食事は抜く必要がある為、この点にはきちんと注意しましょう。

汗を流した際にはシャワーを浴びて清潔な状態を保つことが必要となりますから、運動を行った際にはきちんと雑菌を洗い落として下さい。

かゆみが起きるその他の原因

マラセチア菌以外にも背中にかゆみが生じることがありますがこれは皮膚全体が乾燥し続けているのが原因であり、潤いが無くなると角質層のバリア機能が低下してしまいこれが問題となって症状が出てくるのです。

背中全体が乾燥してしまう原因は血行不良となっていますし、これ以外にも乾燥した状態が続くと毛穴が固くなる為、皮脂が溜まってしまいそれが原因で背中ニキビが出来る可能性が出てくるのです。

人体の中でも背中は皮脂腺の数が多く元々背中ニキビが出来やすい箇所となっている為、不衛生な環境をきちんと改善することが予防に繋がります。

睡眠中に出てしまった汗が布団に染み込むことで雑菌が繁殖し続けてしまいそれが原因で背中ニキビが出来る可能性が出てきますから、定期的にシーツを取り換えた上で綺麗な状態を整えなくてはいけません。

衛生的な環境を保ち続けることは背中ニキビの予防以外にも心身の健康維持にも繋がりますので、こちらを意識した上で理想的な生活を送るのが体全体の状態を保ち続ける際に必要となりますから、この点を意識するのが良いです。

参考サイト:ニキビ跡治療クリニックランキングin東京