難治性ニキビ治療薬について


ニキビには治りにくい難治性ニキビがあるの?

ニキビには完治するニキビと繰り返し再発をしたり、なかなか治りにくい事が特徴的な難治性ニキビがあります。
難治性ニキビの治療には、保険治療だけでは改善しない事も珍しい事では無く、あらおクリニックでは様々な治療法を研究しています。

難治性ニキビの治療の一つとして、国内外でニキビに対する効果が認められている治療を厳選して治療する事も行っており、その治療法の一つにビタミン剤の内服があります。

ビタミン剤の内服は、通常のマルチビタミン等のサプリメントを飲む事とは少し違い、ニキビを出来にくくする体質を作る事を目指した成分のビタミン剤を内服します。
あらおクリニックではビューティーエナジーと言う名称のビタミンサプリメントを採用しており、質と量にこだわっています。

このビタミン剤による治療法は自由診療となるので、保険が利きませんが、その分ビタミンCと美容に必須の成分や他のビタミン類を摂取する事が出来ます。

主な成分としてはビタミンC、ビタミンB群、ビタミンP、ピオチン、核酸(DNA)です。
いち早く体内へ取り込む事が出来る様に、飲みやすいグレープフルーツ味の細粒になっています。

内服治療では他にこのようなものもあります

自由診療の内服治療では、他にもいくつか種類があります。
例えばピル、トレチノインです。

ピルは女性のみの処方になる他、喫煙者や肥満等の持病をお持ちの方には処方出来ない事があります。
また、ピルの効果としては、ホルモンの影響で悪化するような難治性ニキビに効果的であり、生理前の大人ニキビ等に用いられる事があります。

トレチノインは、最強のニキビ治療薬と言われており、ロアキュタンやアキュテイン等の商品名で処方されています。
しかし副作用の心配もある薬の為に、内服するニキビ治療薬の最後の砦のような扱いで処方されている事が多いようです。

妊娠を希望されている男女には処方できませんので、その点には注意が必要になります。

あらおクリニックのもっと詳しい情報を知りたい方はこちら